おっさんハック

30代前半のおっさんが、30代前半が懐かしいと思うアイテムを紹介したりライフハック記事を書いたり。頑張って毎日更新するぜ!

「好きなことをして稼ぐ!」ってことが実はめちゃくちゃ難しい理由

f:id:grampusday:20190402115845j:plain

夢みたいな話ってネット上にあるよね、って話。

ほら、

「好きなことをして稼ぐーっ!」

みたいな。

あれって社畜生活に疲れたとき、心にグッとくるよね。

「あー、おいらも好きな時に起きて、シャレたコーヒーでも飲みながらアフィリエイトやりてー!」

って。

 

でもな、

そんな風に「好きなことを仕事にする」ってことは

 

めちゃんこ難しい。

 

 

っておいらは思っている。

それはなぜか?

ってことについて、つらつらと書いてみたいから、まあちょっくらお付き合いのほどよろしくっすわ。

 

 

そもそも、

好きなこと

ってなんだろう。

それを考えてみることからはじめよーじゃねーか。

 

そもそも仕事を「好き」か「嫌い」かを判断するにはどうすればいいのか?

その答えはシンプルで、

 

まずはやってみないとわからない。

 

になる。

やりもしないで、最初から「スキー!!」とか「キライー!!」ってなるほうがおかしいじゃんね。

 

で、やってみた結果、面白いと感じる。

それはそれでいい。

だが、多くの人が勘違いするのは、

面白い=好き、だと感じてしまうこと。

これは大きな間違いだ。

「面白い」と「好き」は決してイコールにはならない。

 

面白いと感じることは意外と簡単だ。

例えば、流行りだからといってフットサルをちょこっとかじってみる。

ちょこっと山に登ってみる、

ちょこっと料理教室に通ってみる、

「面白い」という感情は、ちょこっと程度のアクションで十分感じることができるんだよな。

ノリ、といえばそんな感じ。

”ファッション”で色々かじるリア充が使いがちな表現だな。

 

「好き」は違う。

一通りやってみて、習熟する。

そこから生まれる感情が「好き」。

「面白い」とは深さが違うんだわ。

LIKEとLOVEくらい、な。

 

「面白い」から「好き」という感情に変わるまでの過程では

「本当に自分にはこれが合っているのかな~」という迷い、

「キツイ」「もう辞めたい」という挫折、

そんな感情の動きは避けることができない。

多くの人はそこで辞めてしまう。

だから、「面白い」とは思っても「好き」までにはならない。

つまり、だ。

面白いという感情も、辞めたいというネガティブな感情も色々経験し、習熟した仕事。

これこそが「好きな仕事」なんだよな。

嫌いという感情を知って、それでもなお続けることができている。

だから、心の底から「好き」と言えるんだよ。

 

 

さて、

あなたが思う「好きなことを仕事にする」。

それ、本当に好きなことなの?

ただ単にちょこっとかじった程度で「面白い」と思うだけのレベルなんじゃねーの?

一回でいいから自分に聞いてみるといい。

もし、「面白い」程度のレベルのことを仕事にしたいのであれば注意が必要。

それが「嫌い」になったとき、投げ出してしまう可能性があるからな。

 

ネット上には夢みたいな話がゴロゴロ転がっているよ。

大切なのことはそれに流されない「本質を見る目」だ。

ツイッターを見ていると、なんだか楽しそうで、華やかで、キラキラしている奴がたくさんいる。

でもな?

上っ面だけを真似しようとしても、それは情弱への第一歩にしかなんねーんだ。

自分の「好きなこと」すらハッキリしてねーのに、なんとなーくフワッとした綺麗な言葉で「面白い」レベルのことを「好き」と勘違いしちゃダメ。

とことんまでやってみて、「嫌い」とまで思う。

そこまでのレベルで仕事に取り組まないと、本当に「好きなこと」なんて見つからないからな?

 

「好きなことをして稼ぐーっ!」

わかる。

とっても魅力的だ。

でも、これは

「面白いと感じることをして稼ぐ」

ではないからな。

繰り返しになるが、時にはしんどいこともあるし、嫌になることもある。

人間と同じなんだよ。

好きな人にも嫌なところはあるし、ムカつくこともあるさ。

でもさん、それも含めて一緒にいるし、そういう嫌なところも赦せるから

「愛している」

そんな風に言えるんじゃねーのか?

 

好きなこと。

それは、楽なことではない。

好きでいることも努力が必要なんだよな。

甘い言葉に惑わされるんじゃねーぞ?

おいらがいいたいことはそれだけだ。