おっさんハック

30代前半のおっさんが、30代前半が懐かしいと思うアイテムを紹介したりライフハック記事を書いたり。頑張って毎日更新するぜ!

アフィリエイトで成功したいなら師匠に対して依存心を持たないことは必須だからな?

f:id:grampusday:20181012104416j:plain

うぃーっす!

おっさんハックだ。

アフィリエイトで稼げてる奴ってすごいよな?

月収5ケタとか正直たいしたことないけど、月収7ケタまでいくとマジでガチ。

「さすがパイセン!ガチで神っすー!」

そんな感じで、尊敬する気持ちになっちゃうわ。

中には尊敬の念を通り越して「師匠」として崇拝する奴がでるのも仕方ない。

だが、行き過ぎたリスペクトは禁物。

自分で自分の人生をぶっ壊してしまうリスクがあるからな。

今回はそんな感じの記事を書いてみたいと思うぜ?

 

 

知り合いがアフィリエイトの師匠の言葉ですっかり依存状態になっているんだわ

昨日、結構反響があったツイートがこれ。

アフィ界隈の重鎮にもリツイートされたおいらの知り合いに関するツイート。

これ、マジ話だからな?

アフィ月収わずか数十円。

これで会社を辞める決断をしたんだよ。

「いやいや、普通に考えて生活できないっしょ?」

「一ヵ月アフィやってうまい棒数本っすかw」

そう思うのが社会人ってもんなんだが、そこがわかんねーらしい。

「もう僕、アフィリエイトで成功しちゃうんでw」

「稼いだらあれもしたいし、これもしたい。パパ、どうしよっかーなー!?」

ガチでこんな感じ。

もうアフィリエイトで成功する未来しか描けないくらいに盲目している状態なんだわ。

f:id:grampusday:20181012104445j:plain

そんな状態のきっかけになっているのが、その人のアフィリエイトの師匠の言葉。

 

「アフィリエイトで成功するためにはマインドセットが大事でーす。オーケー?成功脳!!成功脳!!せいっこうのうぅーーーーーー!!」

 

「自分を追いこめっ!!!根性だぁ!!できないじゃなーい。俺は仕事を辞めてアフィに賭けたんだぞ?やるんだよ、な?やるんだよぅぅぅ!!」

 

「成功者のマネをしろっ!思考を変えろっ!!引き寄せろっ!!引き寄せるんだーーーーーっ!!」

 

「自己流は悪ぅ!!成功者は素直に師匠の言うことを聞くもんでーすっ!!!リッスントゥミー!ハリアップ!アーユーオーケー?」

 

こんなアドバイスばっか受けてたら、しっかりマインドコントロールされちゃったみたいで、すっかり師匠に依存しちゃってるんだわw

 

「~だろう」という楽観的な思考ではなく、自分でしっかりと見極めることが大切

確かに成功者の話を素直に聞くのはオッケー。

その人が何年もかけて築き上げてきたノウハウを一瞬で手に入れることができる。

成功するまでの時間を一気に短縮することが出来るメリットがそこにはあるということだ。

だが、成功者が本当にお前のことを思って話をしてくれているかどうかは、また別次元の話だ。

もしかしたら、

「しめしめ、いいカモがネギをしょってきたぜw 知り合いの高額アフィ塾に送客してやれw」

と思っているかもしれないし、

「こいつからはまだ絞れ取れるな!よし、個別コンサル月30万円、オファーしてやるかw」

と、企んでいるかもしれない。

いくらアフィリエイトで成功している人だからと言って、そのアドバイスが自分にとって正しいかどうかはわからない。

ここはしっかりとおさえておこう。

f:id:grampusday:20181012104551j:plain

無用なリスペクトは意思決定の感覚を鈍らせてしまう。

「この人の実績はすごいし、まず間違っていることは言わない”だろう”。」

「普段から色々相談に乗ってくれているし、いい人だし信用できる”だろう”。」

余計な感情のノイズは根拠のない楽観的な”だろう”ベースの思考を招く。

本当にそのアドバイスは正しいのか?

本当にその人を信用してもいいのか?

最後の最後までしっかりと見極めるべきだ。

 

アフィリエイトで成功したいなら依存心を持たないことは必須だ

アフィリエイトで成功したいなら、満たさなくてはいけない条件がある。

それは、

人のアドバイスは聞いてもいいが、それに迎合しない

ということ。

つまり、自分は自分、他人は他人と、境界線をしっかりとわけ、自分の軸を持つ、ということだ。

それが自分なりのアフィリエイトの手法を確立することにつながり、「アフィリエイター」としての自分を確立してくれる。

あの人が言うからこれ、あの人が言うからそれ。

そんな”軸のないアフィリエイター”だったらいつまで経っても成功することはできないし、瞬間風速的に大きく稼ぐことができたとしても、稼ぎ「続ける」ことは難しいだろう。

f:id:grampusday:20181012104747j:plain

今、おいらの知り合いが、アフィリエイトで成功している師匠の意見に依存している状態で会社をやめる。

その状態って、正直めちゃめちゃ危険だと思うんだわ。

アフィリエイトの報酬が数十円というマジでセンスない状態で独立することも危険だけど、本質はそこじゃない。

師匠への依存がある状態で会社を辞める、という部分がひっかかるんだわ。

依存心があると何かにつけて「確認」をしたくなるのが人間の性。

「これでいいですか?」

「これって合ってますか?」

ついつい、”師匠”の意見を聞きたくなるんだわ。

でも、会社を辞めてアフィリエイトを始めるってことは、専業アフィリエイターとして飯を食っていく覚悟を決めたということ。

つまり、師匠もライバルになるわけだ。

己の力で生きていかなくてはいけない状態に自分で追い込んでいきながら、それでも依存心が抜けていないというのは正直甘すぎるし、これは独立してビジネスをやる器じゃないと判断せざるをえない。

そんなんで会社を辞めて生きていけるの?って思うけど、まあ、本人がそうしたいんだから仕方ないわな。

ま、他人の人生だからどうでもいいけどw

 

っつーことで、あんたはどう思う?

おっさんハーーーーーーーーーーーーーーーーーーーック!!!!