おっさんハック

30代前半のおっさんが、30代前半が懐かしいと思うアイテムを紹介したりライフハック記事を書いたり。頑張って毎日更新するぜ!

あの頃感じた、「おじさんたち」がいれば何も怖くないや、という気持ち

f:id:grampusday:20190401152714j:plain

ほら、

おいらたちが子供の頃って、なんだかんだ親戚の人とか家に集まる機会って多かったじゃんね。

やれ地区の祭りだ、やれお盆だ正月だなんていって、年に数回は必ず集まっていたように思う。

 

別に親戚が集まったところで大したことはしないんだよね。

いつもよりちょっと豪華な飯食って、酒飲んで。

ワーって騒いで、たわいもないこと話したり。

で、そういう大人たちが集まっている様子って、子供のおいらからすれば、なんだかものすごくカッコよく見えたんだよね。

自分にはよくわからない世の中の難しいことを話したり、「なんだかしんねーけどすげー!」って感じがして。

 

おいらもその輪の中に入りたくて仕方なくて。

わかるかな?

輪の外から構ってほしくて”それっぽいこと”を言おうとするんだけど、全然それっぽくならない。

おじさんたちは笑って構ってくれないし、ムキになって頓珍漢なことを演説していると、

「おい、最近どうだ?勉強頑張ってるか?(笑)」

なんていって、大きな手で頭を撫でられながら、お酒でほろ酔いになった赤い笑顔に声をかけられたり。

 

気づけば時計の針が21時をまわっている。

いつもなら

「布団に入りなさいっ!!」

って怒られるような時間に起きていても、その日だけは特別。

お母さんのお手伝いをしようと、煙草とお酒の匂いのする台所に。

それだけで、なんだか自分が急に大人の仲間入りをしたような気持ちになって、どこか高揚感もあって。

 

子供心ながら、そういう集まりは結構好きだったんだよね。

いつもは静かな家が少し賑やかになって。

周りの大人たちからは構ってもらえて、そこになんの不安もなくって。

眠くなったら布団に入る。

 

こんな時間がずーっと続けばいいな。

 

そんな余韻を楽しみながら、また明日がくるのをワクワクしている。

気づけば朝になって、また”いつもの日常”が始まって。

 

そんな記憶、心の片隅にないかな?

 

そういう集まりにいる「おじさんたち」。

その”場”の主役じゃないけど、脇役でもない。

映画でいえば、地味だけど、結構いい味出してる登場人物っていうのかな。

たまにカッコいいセリフでストーリーを盛り上げたり。

そんな「おじさんたち」って、なんだかすごくカッコよかったんだよね。

普段、あまり話をしないお父さんと違って、色んなことを教えてくれるし、時にはお小遣いもくれたりなんかして。

いっつもお酒を飲んで楽しそうで。

でも、色んなことを知っていて、たまにお父さんやお母さんに色んなことを教えたり。 

 

「おじさんたち」がいれば何も怖くないや。

 

なんだかわからないけど、そんな安心感にも似た気持ちがそこにはあったんだよね。

 

でも、最近気づいたんだ。

 

気づけばおいらも、そんな「おじさんたち」と同じ年齢になってきたってことに。

 

お酒を飲んで楽しそうにしていた「おじさんたち」

 

なんでも知っていた風に見えた「おじさんたち」

 

今自分がその「おじさんたち」になりつつある中で感じることは、

 

ああ、「おじさんたち」も実は結構大変だったんだよな、と。

 

自分でおじさんになってみて感じること。

それは、意外とカッコよくもないし、なんでも知ってるわけでもない、ってこと。

会社では怒られることもあるし、情けない姿をさらすこともある。

聞かれても知らないことが多くてグーグルに頼ることなんてしょっちゅうだし、最近は若い子の使うアプリにもついていけなくなってきた。

正直、自分が子供の頃に感じていた「すごい」という気持ちに応えられるようなおじさんになっているかといえば、自分でもクエスチョンだ。

 

でも、きっと昔の自分と同じ年齢の子供からすれば、

楽しそうに酒飲んで、

くだらないこといって、

でも、色んなことを知っているように見えるんだろうな。

 

本当は楽しくて酒を飲んでいるわけじゃないんだけどなあ。

 

「本当はこんなおっさんになるはずじゃなかった。。。」

 

そんな思いがないわけでもないんだけどなあ。

 

 

あの頃感じた

 

「おじさんたち」がいれば何も怖くないや。

 

そんな気持ち。

 

今のおいらはそんな風に見えるんだろうか?

そんな風に思ってもらえるんだろうか?

 

 

おいらにとっての「おじさんたち」はもういない。

今度はおいらがその「おじさんたち」の一人になる番だ。

 

平成がおわり、令和になろうとしている。

 

よし、

もう少しだけ、もう少しだけ。

 

カッコいいおじさんを目指してみよーかな?

 

なんか、そんな風に思った。

 

安いコーヒーチェーンのコーヒーは飲み干した。

 

よし、

またいつもの”戦場”に戻るとするか。

 

 

 

「おじさん」が怖がってどうするんだ、ってんだ。

 

いいか?新卒の新入社員が会社を変えるなんて無理だから最初の一年はおとなしくしとけ!

f:id:grampusday:20190329174725j:plain

うぃーっす。

おっさんハックだ。

そろそろ新社会人が初出社日を迎えようとする時期だな。

来週から初々しいスーツ姿の新卒社員たちが一斉に街に出ると思うと、なんだかおいらワクワクするぜーっ!!

 

ってな感じで、今回は新卒向けの記事を書いてみたいと思う。

題して、

「新入社員が会社を変えるなんて無理だからおとなしくしとけ!」

どうだ?

結構ショッキングなタイトルだろ?

でもこれ、意識高い新卒はみんな通る道なんだよな。

「僕が業界を変えてみせますぅ!!!!」

「僕の力でこの会社のやり方を変えてみせますよw」

って気合を入れて入社したものの、忙しい&上司や先輩に”常識”を叩きこまれる日々にそういうアツい気持ちを忘れちゃうんだよな。

今はすっかり戦う気をなくした社畜のあんたも、会社を変えようと必死になろうとした時期、あったんじゃねーのかな?

それじゃあ、いってみよーーーっ!!

 

新入社員がデカいことを言っても説得力がないからな

最初に言っておく。

新卒で入社した一介の新入社員が出来ることなんて微々たるものだ。

ぶっちゃけ、お茶くみとか、書類のコピーとるとか、そういうレベル。

学生時代のバイト経験が乏しければ、社会人レベルの電話の応対も難しいはず。

そんなレベルの新卒のあんたが、

「この会社のやり方は非効率です!変えましょう!キリッ」

「僕が業界を変えてやりますよw」

なんて言っても、全く説得力ないからな。

これ、本当に辞めておいたほうがいい。

あとで絶対に黒歴史になるから。

上司や先輩に嫌われるとマジで大変だからな

んでね、そういう大きな風呂敷を広げる奴に限って、同期の中ではリーダー的存在になって周りからあがめられる存在になりがち。

だから、同期グループの中のカーストの中では上位になるんだわ。

これが余計に「意識高い発言」を助長するんだよな。

だけど、上司や先輩社員からは冷ややかな目で見られることになる。

これが怖い。

 

「なんだか今年の新入社員の中に妙に張り切ってる奴いるよなw」

「関わると面倒だよなw」

 

一旦そういうイメージがつくと、今度は会社の中で立ち回る時に本当に困るんだよな。

社内で仕事が回ってきにくかったりするようになるから、だんだん存在感がなくなってきたりね。

それですめばいいけど、いじめになるかならないか程度の微妙なラインでいやがらせをされるリスクもないとは言えない。

そうなると最悪の場合は会社を辞めなくてはいけないこともある。

せっかくやる気満々で入社した会社なのに、そんなしょうもないことで退職なんて嫌だよな。

新卒の社員に求められることはコレなんだよ!

いいか?

新卒の社員に求められることは、

 

無難さ

 

これなんだよ。

 

派手で目立つ必要なんてない。

できもしないことを無理にアピールしなくてもいいんだ。

 

上司や先輩に言われたことをこなし、そして、余計なことをしない。

100点満点中、70点から80点の間を目指せばそれでいいんだよ。

 

は?

夢がない?

社畜に右ならえしろっていうのかって?

 

いやいや、

そういう意味で言ってないからな。

 

組織には組織のルールがある。

フラットで風通しがいい企業とは言えども、先輩にはリスペクトの姿勢が絶対に必要だってことは理解しないと。

それをすっとばして、

「僕がこの会社を変えまーすw」

「業界を変えますからねーw」

なんていうやつ、絶対嫌われるじゃんw

そんな当たり前の話をしてるだけだからね。

 

とりあえずは1年間必死で働いて、周りの人から認められることから始めないとな。

何の信頼も経験も実績もない人間が偉そうにモノを言うほど寒いことはない。

とりあえず、まとめるわ

っつーことで新卒の諸君!

最初の一年は意識高いことは封じ込めて、おとなしくしとけ。

で、少しでもいいから上司や先輩の役に立てるように努力していこうぜ。

マジでその方がいいから。

心からオススメする。

あんた、あとで赤面しながら枕かかえてジタバタしたくないだろ?w

そういうことだ。

 

今回おっさんハックが言いたいことは以上だ。

じゃあな。

おっさんハーーーーーーーーーーーーーーーーーーック!!!!

 

【絶対聞け】おっさん世代なら絶対に懐かしいと思うメロコア・パンクバンドの名曲10選!

f:id:grampusday:20181216163444j:plain

うぃーっす!

おっさんハックだ!

今回の記事ではおっさんだったら、

「なつかすぅーーーーーーい!」

と狂喜乱舞するメロコア・パンクバンドの名曲について紹介したいと思うぜ!

んじゃ、さっそくいってみよーーーーーっ!!

おっさん世代が懐かしいと思うメロコア・パンクバンドの名曲

Hi-Standard:ENDLESS TRIP

www.youtube.com

やっぱり俺たちおっさん世代のカリスマって言えばハイスタじゃね?

その中でも青臭さ前回のこの曲!!

いや〜、このベースライン、最高じゃね?

どことなく西海岸の哀愁が漂う雰囲気もいいね!

なんつーか、ビッグになるバンドって最初っから才能の片鱗見るよな〜。

ここからのハイスタの快進撃は俺たちおっさん世代なら説明は不要。

日本が誇る最高にして最強のバンド。

Back Drop Bomb:THAT'S THE WAY WE UNITE

www.youtube.com

ブッ、ブスッ、ブッ、ブスッ。

これ、みんな自分でも再現しようとマイクをつばだらけにしてやったよね?w

ベースラインとサビの横揺れ気持ちよすぎ。

青春時代のカリスマバンド。

ほんと、すごかったんだって。

アルバムバージョンも好きだけど、こっちも悪くない。

おっさん世代には荒っぽさと青臭ささも大事。

Brahman:Beyond the mountain

www.youtube.com

数多の名曲メイカーのブラフマンの中でも初期の名曲といえばこれ。

漂うチャイナ感がたまらない。

ほんと、こういうリフ作らせたら天下一品だよね。

間奏の展開もブラフマンならでは。

初期の段階ですでにスタイルが完成されているのがすごい。

Young Punch:nothing goes right

www.youtube.com

のっけからテンションマックスw

ぶっちゃけ演奏とか歌は下手なんだよ?

でも、なんつーか、勢いとノリはマジで最強。

ライブでこれやられたら脳汁ブッシャーでダイブしちゃう。

スカパン好きなおっさん世代には最高のアンセムだよね。

Super Stupid:DO IT MYSELF

www.youtube.com

うん、本当に気持ちいいわ、この曲。

オープニングからサビまでの展開にもっていけるのはすごい。

やっぱり才能ある人は本当に羨ましい。

後半の間奏も気持ちいい。

そこらの並みのメロコアバンドとは違ったよね。

Eastern youth:夏の日の午後

www.youtube.com

ああ、イントロから胸が締め付けられる。

なに、この哀愁?

唯一無二。

これほどまでこの言葉が似合うバンドはないよ。

もう戻ることはないんだよな、CDを買ってワクワクして家に帰ったあの時間が。

もう戻れないんだよな、あの頃に。

泣ける。

本当に泣ける。 

Popcatcher:Relations

www.youtube.com

え?

こんなバンド知らないって?

いやいや、これがかなり名曲なんですって、旦那。 

キラキラした透明感、フックのきいた曲、なかなかの才能の持ち主なんだよ。

メジャーにはならなかったけど、メロコア・パンク好きなおっさん世代こそ聞いてほしい名曲だぞ!

Kemuri:Along the longest way

youtu.be

ケムリって本当にいろんな曲があるけど、その中でもおいらはこの曲が一番好きなんだよなあ。

パワフルなケムリらしさというか、若干の憂いのあるコード進行とか。

ベースラインが好きなのもあるけど、一番の名曲を選ぶならこれかな。

サビの高揚感は最高レベル。

ライブで聞きたいね。

ああ、やっぱ好きだわ、このバンド。

The band apart:Eric. W

www.youtube.com

キターーーーーーーーー!!

これよ、これ。

もうセンスの塊。

サビの裏でスラップやってるなんてマジでえぐすぎ。

この曲が出た当時のインパクト、やばかったよね?

なんつーか、おしゃれとかそういうレベルじゃなくて、マジでオーラが半端ない。

今聞いても最高にカッコいい。

もっともっといろんな人に聞いてほしいバンドの一つ。

MOGA THE 5YEN - 欲情に噎ぶ - 

soundcloud.com

音楽好きなら、CDを再生した瞬間にゾクッとするような衝撃が走ったことない?

この曲がコレ。

エモーショナルすぎる曲の展開、歌詞の世界観、マジですごすぎる。

何度も何度も繰り替えし再生して聞いたよ。

むずがゆいようなディストーションでうねるベースラインも最高。

あっという間に終わる衝動。

とにかく聞いてみてほしい。

まとめ:やっぱりおっさん世代のメロコア・パンクバンドは最高!

っつーか、やっぱりおっさん世代のメロコア・パンクバンドってマジで最高だな!

久しぶりに聞いてておいらもテンション上がっちゃった!

みんなもオススメの曲があればおいらに教えてくれよな!

んじゃ、またな。

おっさんハーーーーーーーーーーーーック!!